夏きものを粋に装う。きものやまと2017の新作

きものやまとの2017 夏きものは、涼しげな彩りの新作がラインナップされた。
夏きものは一般的に7月、8月のイメージだが、あまり透け感がないものは6月から9月まで着用できる。
天然素材の麻を使用している「小千谷ちぢみ」と「近江ちぢみ」は、通気性と速乾性があり抗菌性も高く、暑さの厳しい日であっても上品で心地よく快適に過ごせる優れもの。
独特のシボ(細かい波状のシワ)がさらりとした柔らかい肌触りを持った「小千谷ちぢみ」。古くは将軍家への献上品として納められた「近江ちぢみ」は、上質さならではの艶と光沢感があり小千谷と並んで有名な近江産地の麻織物。また、夏の正絹きものとして、強いひねりをかけた太糸によって織り目に隙間ができ、適度な透け感とシャリ感が生まれ通気性がよくなることで涼感が増す「夏大島」も取り扱っている。
各産地の職人たちと組み、伝統的な技術を生かしながら素材の特性と清々しい柄のデザインを上品にマッチさせたきものやまとの新作夏きもの。凛と着こなしながら日本の夏を粋に楽しみたい。

【INFORMATION】
きものやまと お客様専用フリーダイヤル 0120-188880
きものやまと 新作ゆかた・夏きものHP


小千谷ちぢみ ¥99,000 (税抜) ※仕立て付き

近江ちぢみ ¥59,000 (税抜) ※仕立て付き

夏大島 ¥99,000 (税抜) ※仕立て付き