TOKYO GIRLS COLLECTION 2017 SPRING/SUMMER meets 吉川染匠

オンナノコたちの注目の的「東京ガールズコレクション」で行われた着物のスペシャル・ステージをリポート! 天野喜孝氏の手による現代アートと伝統の京友禅が織りなす、珠玉のコラボレーションが実現した。

史上最大級のファッションフェスタ「第24回 東京ガールズコレクション 2017 SPRING/SUMMER(以下TGC)」が3月25日(土)、国立代々木競技場第一体育館で開催された。日本のガールズカルチャーを発信するTGCが今回のテーマに掲げたのが、輝く女性を象徴する“Female Hero”。世界的アーティスト・天野喜孝氏のキャラクター「CANDY GIRL」の書き下ろし作品がキーヴィジュアルとなった。
そのCANDY GIRLのポップでパワフルな世界をそのまま着物に仕立て上げたのが、京都で140年続く手描き京友禅の老舗「吉川染匠」の吉川博也さん。ファッション×アートをテーマにした「TGC SPECIAL ART COLLECTION by CANDY GIRL STAGE」のランウェイには、TGCに欠かせない存在であるモデル・女優の香里奈さんやタレントの筧美和子さんなど7名が出演。“今”の解釈を加えてスタイリングした一体数百万円という豪華絢爛なオーダーメイド着物を着こなし、堂々のウォーキングで会場を魅力した。
トークショーにも登場した香里奈さんの艶姿を、司会の小籔千豊さんも絶賛。「本当に華やかで、美しいですね。まさにアートとファッションの融合。時代の最先端の絵が着物とコラボするっていうのは昔からあることで、自然なことだと思いますね」(小籔さん)。香里奈さんも「大好きなTGCでお着物、しかも一点ものの特別なものを着させていただけたということで、身が引き締まる思いです。貴重な機会をありがとうございます」と笑顔で語った。

保存

保存

保存

保存

保存