着物で堪能するイタリアンランチプランをザ・リッツ・カールトン京都内にある明治時代の邸宅「夷川邸」で

2014年に開業した鴨川のほとりに位置するザ・リッツ・カールトン京都は、アンティークとモダンを絶妙なバランスで取り入れ、上品でユニークな和洋折衷が印象に残る人気の高いラグジュアリーなホテル。

文化遺産にもふさわしく歴史的価値の高いと評される「夷川邸」が、ホテル内レストランフロアに一部移築されている。

夷川邸は、藤田財閥の創始者であり、民間出身者で初めて男爵の位を授かった藤田伝三郎の京都別邸で、明治41年(1908年)に建てられた邸宅。

この貴重な空間「夷川邸」と「京都祇園屋」の着付師が手掛ける着物の着付けとヘアメイク、そしてホテルのダイニング「ラ・ロカンダ」のイタリア料理がセットになった特別なランチプランが登場。

優美な日本庭園を一望しながら、和と洋の優雅な融合と贅沢な時間をたっぷり堪能して。

  • 夷川邸 着物ランチプラン

【時間】 11:00〜14:30 (ラストオーダー)

【内容】 ランチ(料理4品、デザート1品)

【料金】 平日/¥20,000(税・サービス料込)

   土日祝日/¥25,000(税・サービス料込)

※ 前日18:00までに予約が必要です

※ 料金には個室料、ホテルでの着付け、ヘアアレンジ、食事代が含まれます

※ 着付けのため、食事開始1時間前にお入りください

※ ランチ後、17:00まで外出が可能です

   先斗町や鴨川などホテル付近のご散策をお楽しみいただけます

【INFORMATION】

ザ・リッツ・カールトン京都

TEL. 075-746-5522(レストラン予約直通/受付時間 9:00〜18:00)


築109年の夷川邸。貴重な調度品が現代の職人の手によって修復後に施され美しく蘇った空間。

伝統を守りながら革新の一皿へと昇華させたオーセンティックなイタリアンを提供する「ラ・ロカンダ」のメニュー。地元京都産、また国内外から選び抜いた最高級食材が使用されている。

東山三十六峰を一望できる最高のロケーションに建つ、ザ・リッツ・カールトン京都。17:00まで着物着用で外出可能なので、夕刻の鴨川のほとりをぜひ散策したい。